本文へスキップ

株式会社北陸ヨシナカはステンレス異形線と特殊帯鋼の二次加工メーカーです。

TEL. 072-977-8861

〒582-0027 大阪府柏原市円明町1000番25号

会社概要
COMPANY

社名
株式会社北陸ヨシナカ
創 業
昭和22年 8月
設 立
昭和42年12月
資本金
4,000万円
代表者
代表取締役社長 柴 章
従業員数
80名(男68、女12)
事業内容
ステンレス異形線、特殊帯鋼、繊維機械付属品製造販売
主要製品
金属材料(ステンレス異形線、ステンレスフラットバー、ステンレス丸棒、
ステンレス鋼線、みがき特殊帯鋼、焼入鋼帯)、繊維織機付属品(ドロッパー、
フラットヘルド)
本社
〒582-0027
大阪府柏原市円明町1000番25号
→アクセス
TEL. 072-977-8861
FAX. 072-976-0634
東京営業所
〒104-0032
東京都中央区八丁堀3丁目18番17号
→アクセス
TEL. 03-3555-0796
FAX. 03-3553-8444
大阪工場
〒582-0027
大阪府柏原市円明町1000番25号
→アクセス
TEL. 072-977-8861
FAX. 072-976-0634
富山工場
〒939-0121
富山県高岡市福岡町下老子22番地
→アクセス
TEL. 0766-64-3031
FAX. 0766-64-4457
主要仕入先
大同特殊鋼梶A日新製鋼梶A大同興業梶A日本鐵板
取引銀行
北陸銀行、商工組合中央金庫、日本政策金融公庫

沿革

昭和22年
吉中興業株式会社設立。                            繊維機械付属品のリード、ドロッパー、ヘルドの製造を始める。
昭和32年
東大阪市に工場移転、規模の拡大と合理化を実施。
昭和35年
熱処理加工部門を新設。
昭和37年
特殊大型圧延機を導入しステンレス異形線の製造を開始する。
昭和42年
繊維機械付属品の専門工場として富山工場(北陸工業(株))を現在地に設立。
昭和49年
富山工場に圧延建屋を建設、大型圧延機を導入する。
昭和54年
大阪工場を柏原中小企業工業団地(現住所)に移転。
昭和55年
富山工場に大型熱処理炉導入。
昭和56年
大阪工場にステンレス異形線部門の生産規模拡大の為、2タンデム伸線機2機導入。
昭和56年
東京中央区に東京営業所開設。
昭和59年
大阪工場に異形部門拡大の為コンバインドマシンを導入。
昭和60年
大阪工場にステンレス鋼線用連続伸線機増設。
昭和62年
大阪工場に異形線用2タンデム」駆動圧延機導入、あわせて連続伸線機、光輝焼鈍炉増設。
平成2年
社名を大阪は株式会社ヨシナカスチールに富山は株式会社北陸ヨシナカに変更。
平成8年
柴 章が代表取締役に就任。
平成9年
富山工場にフラットヘルドの設備を導入し生産を開始する。
平成10年
(株)ヨシナカスチールと(株)北陸ヨシナカを統合して株式会社北陸ヨシナカとなる。あわせて本社機能を大阪(現住所)に移転する。
平成11年
富山工場に大型スリッター設備を導入。
平成13年
本社工場にステンレス異形用コンバインドマシン増設。
平成15年
本社工場全棟に冷房設備を設置。
平成16年
富山工場全棟に冷房設備を設置。
平成16年
富山工場 厚生棟新築。
平成17年
本社工場の連続光輝焼鈍炉をリプレイス。
平成17年
富山工場にEBNER社製広幅ステンレス焼入炉を導入する。
平成21年
富山工場にKOBELCO製12段圧延機を導入する。